の顔画像

美白化粧品をお探しの方へ…
貴方のお肌に合った美白のための化粧品のおすすめ人気ランキングをご紹介します。

実際の体験者の口コミ、レビュー、モニター調査、リピート率、売れ筋情報、などの調査によりランク付けをして紹介しています。

透き通った白い肌になりたい…近頃ちょっと顔の肌がくすんで…シミが消えなくて悩んでいます!これって美白ケアが必要ですよね!
…では、美白のための化粧品はどれを使えばいいですか?おすすめの人気商品で私の肌に合ったものは…?!?

このような顔の肌の美白でお悩みの方にお応えするために…安心して使用でき、しかも、人気があって効果が実感できてるオススメの美白化粧品を調べてみました!

美白の悩み…美白志向…これって、とても深いものがありますよね。

「もっとす透明感のある白い肌になりたい…」「顔にできたこのシミをなんとか消したい…」「肌の色のムラを均一にしたい」「肌がぼんやりとくすんでいるのでクリアにしたい」「…」

もともと、日本人には、白いくすみやシミが無い肌を好む価値観は古くからあったようです。

「色の白いは七難隠す(色白の女性は、少しぐらい醜い点があっても、目立たない。)」ということわざもあるくらいです。

そのため、昔は、「ウグイスのフン」が色白になる洗顔料として利用されていたともいいます。

このように、「白」には、みずみずしさやハリ、つるんとしたなめらかさなどのイメージがあります。

そもそも、美白の肌とは、どういうものなのでしょうか?

美白肌とは、くすみのない透明感のある美しい白い肌…といわれますが、そもそも肌の色は何で決まるのでしょうか

肌の色は、実は3つの要素から決まります。

3つの要素とは メラニン 血液 皮下脂肪 この要素がかさなって、十人十色 それぞれの肌の色が決まります。

ここで大事な点は、色が白い黒いを決める要素のメラニンです。

単純に言えばメラニン色素量が増えれば黒く、量が減れば白くなります。

紫外線を浴びるとダメージを防ぐためにメラニンが増えます。

日に焼けて皮膚が黒くなっているのは、このメラニンが大量に表皮細胞の中に取り込まれている状態ですが、通常、細胞のターンオーバー(新陳代謝)によって表皮細胞は剥がれて、元の肌に戻ります。

肌の新陳代謝の乱れや低下で、局部的にメラニン色素が沈着したままになったり、紫外線の量が減少しても、何らかの原因により、局部的にメラニン色素を生成し続けることがあるのです。

これがシミとなります。

また、シミの原因として、メラニンは刺激に対する防御反応として作られるので、ストレス、月経や妊娠などのホルモンの影響あります。

さらに、加齢によって以前浴びた紫外線のダメージがシミとなって現れることもあります。

この細胞に残った余分なメラニンを、をできるだけ早く肌の外に出すのが美白ケアなのです。

それでは、美白成分の白くするメカニズムとは?

美白成分は、メラニンが作られるどのステップに働きかけるかで、大きく4つのタイプに分けることができます。

美白成分の4タイプとは?

メラニンはチロシンという物質がもとになって、表皮の底にあるメラノサイトで作られます。
まず、(1)紫外線や炎症などによる刺激が情報伝達物質によって肌の内部へ伝えられ、メラノサイトが稼働。
(2)チロシナーゼという酵素がチロシンに働きかけ、複雑な代謝プロセスを経て最終的にメラニンが完成。
(3)メラニンは、メラノサイトによって表皮細胞に渡され、
4)肌のターンオーバーとともに角質層まで押し上げられて肌の外に排出されます。

美白成分は、メラノサイトを稼働させる情報伝達、チロシンをメラニンへと変える代謝プロセス、メラニンの受渡、角質層まで押し上げられる際に黒化したメラニンを還元して色を薄くする、といった4つの段階に働きかけ、肌の白さを守りシミを防ぐように働くのです。(@cosmeより)

そこで、できてしまった今あるシミをなんとかしたいのか、シミができるのを防いで今の白肌を保ちたいのか、自分の目的に応じた美白成分が配合されているものを選ぶ必要があります。

自分の肌に合った美白ケアを選ぶためには…

現在では、シミやくすみができる原因がわかり、美白メカニズムの解明によって、ぞくぞくと新し美白化粧品が発売されています。

そこで、大事な点は、自分の目的に応じた、自分の肌に合った美白ケアをおこなうということです。

そのためには、美白化粧品に含まれている美白成分を知るということも大切になります。

美白化粧品と呼ばれているものは、正確には「医薬部外品」です。医薬部外品は、薬事法では化粧品と医薬品の中間のものとして定義されています。薬よりは効果は緩和だけれど、何らかの改善効果が期待でき、有効成分も厚生労働省より指定されています。

「美白」をうたえる医薬部外品に配合される成分には、次のものがあります。

アルブチン:コケモモから抽出された成分。メラニン生成を抑制する働きがある。
エラグ酸:イチゴなどのベリー類から抽出。メラニン生成を抑制する働きがあり、肌の老化を防ぐ。
カモミラET:カモミールという植物から抽出。シミを作るよう指令を出す情報伝達物質エンドセリンを抑制します。
t-AMCHA:紫外線によるシミを防ぎます。
トラネキサム酸:人工的に作られたアミノ酸化合物。メラニン色素の沈着を防ぎます。肝斑にも効果的。
ビタミンC誘導体:ビタミンCを吸収しやすくしたもの。抗酸化作用、チロシナーゼの抑制作用があります。シミ・そばかす予防に効果。
プラセンタエキス:豚や馬などの胎盤から抽出したエキス。メラニンの生成を抑制し、代謝を高める作用がある。エイジングケア効果を期待できます。
リノール酸:ひまわり油などから抽出。メラニン生成を促進するチロシナーゼを抑制する。
ルシノール:モミの木成分を改良した化合物。メラニンを生成する酵素の結合を阻害する。シミ・黒ずみの発生を抑えます。(スキンケア大学より)

以上が厚生労働省に認められている美白成分ですが、これを参考にして、その種類とその特徴を知り、自分に合った成分が配合されている美白化粧品を選ぶことをおすすめします。

どの美白化粧品を選べばよいのか…オススメの人気商品をランキングでご紹介します!

自分の今の肌に合った美白化粧品は、どれを選べばよいのか?!様々な美白ケアの情報があふれている中、自分で選ぶとなるとなかなか大変です。

そこで、当サイトでは、独自の調査…実際の体験者のクチコミ、感想、レビュー、モニター調査の結果、売れ筋情報、リピート率などの調査により、おすすめ度、人気度を基にランキングで美白化粧品をご紹介します。

ぜひ参考にして、あなたに合った美白化粧品をお選びいただければ、幸いです。

美白化粧水    おすすめ人気ランキング


#

■美白化粧水おすすめ@人気ランキングについて…■

ご紹介の商品ランキングは、サイト管理人の独自の調査ですので、そのあたりはご了承くださいますようお願い致します。

実際の体験者のクチコミ、感想、レビュー、モニター調査の結果、売れ筋情報、リピート率などの調査により、おすすめ度、人気度を基にランキングしています。



このページの先頭へ